植物染料とはどんな染料?

酸化染料以外の染料についての補足です。

「クチナシ」などの植物染料ってどんな染料?ほかの染料との違いは?について解説します。

植物染料について

今人気の白髪染めは、従来の酸化染料やアルカリ剤などを使用しない白髪染めです。

酸化染料を使用しない白髪染めでは、天然の植物の色素を使って染めるのが一般的です。

白髪染めに使われる天然由来の植物染料はいろいろありますが、代表的なものが「ヘナ」「クチナシ」「ウコン」「アナトー」といった植物の色素です。

髪や頭皮を傷めないというトリートメントタイプの白髪染めには必ずといってほどこうした植物染料が配合されているはずです。

なかでもクチナシは植物染料として白髪染め以外にもよく使われています。クチナシはアカネ科の植物で、その果実は山梔子(さんしし)と言って、漢方薬の原料にも使われているので、知っている方も多いでしょう。

また、クチナシの果実を乾燥させると、黄色の染料となります。

たくあんの黄色もクチナシの染料が使われているぐらいですから、安全性が高いということが分かりますね。 それに、山梔子(さんしし)を発酵させると、青色に変化します。

つまり、クチナシだけで黄色や青の染料が出来るんですね。(ウコンは黄色の染料、アナトーは赤色の染料になります。)

ちなみに、白髪染めの染料と言うのは、単色が使われているわけではありません。色みによって、赤や黄色、青や緑、グレーなどを混ぜ合わせているんですね。

その中の2色がクチナシの色素で作れるのですから、天然の染料のなかでクチナシが特に重宝されるのもわかる気がします。

クチナシがほかの染料と違うのは、なんと言っても髪に優しいということでしょう。天然由来ですから、頭皮にも優しくダメージを与える心配がありません。 普通の染料なら、少なからず頭皮や髪に負担をかけてしまうので、どんなに低刺激だとしてもダメージを与えてしまいます。

でも、クチナシは植物染料ですから、何回染めてもダメージを与えることがないんですね。だからこそ、髪のダメージに悩む女性の白髪染めとして植物染料のクチナシが支持されるわけです。

ただ、ウルシやアロエにカブレる人がいるように植物性の成分に反応してしまう人がいることも確か。 パッチテストをして事前に試しておくことは忘れないようにしてください。

このページの先頭へ