ベヘニルアルコール

白髪染めの成分についての紹介です。

白髪染めの配合成分である「ベヘニルアルコール」とは?白髪染めにおける役割について解説します。

ベヘニルアルコールとは?

ベヘニルアルコールとは?

ベヘニルアルコールは合成成分ではなく、ナタネ油の還元アルコールから得られる高級アルコールであり、 安全性が高く、肌荒れや頭皮ケアに効果がある成分といわれています。

よくアルコールフリーという表記のある製品の成分表示に記載されていることから「ベヘニルアルコールって何?」 と思われるんですが、化粧品の世界で「アルコール」と呼んでいるものは、化学の世界で「エチルアルコール(エタノール)」と呼ばれている成分になります。

「エチルアルコール(エタノール)」=お酒のアルコールのことです。

化学の世界ではその構造上、どうしても「アルコール(類)」に分類されるものがあってベヘニルアルコールもそのひとつです。 ただ、いわゆる一般的な刺激にもなるアルコール(=エタノール)とは別の成分なので、混同しないようにしてください。

ベヘニルアルコールは皮膚が敏感な人も安心して利用できる非常に安全性の高い成分ですのでので。

さて、そんなベヘニルアルコールの役割は主に2つあって、1つが乳化を安定させるというもの。 水と油の乳化安定性にすぐれていること、温度の変化に強くなる、乳液やクリームなどの化粧品の粘度に影響する成分として配合されていることが多いです。

もうひとつの役割が髪の毛をケアするということです。ベヘニルアルコールが入っていることでテクスチャーが安定し、 皮膚のうるおいを保つ作用があり、なめらかな状態をつくってくれるのでダメージを最小限に抑えることが出来るんですね。

そのため、白髪染め(特にトリートメントタイプ)はもちろん、シャンプーやリンスにも含まれていることが多いです。

このページの先頭へ