フェノキシエタノール

白髪染めの成分についての紹介です。

白髪染めの配合成分である「フェノキシエタノール」とは?白髪染めにおける役割は?について解説します。

フェノキシエタノールとは?

フェノキシエタノールとは?

白髪染めには、商品の劣化・変質を防ぐために「防腐剤」が必ず入っています。

一般的な白髪染めの場合、防腐剤というと「パラベン」が配合されていますが、パラベンは炎症の原因になるとか、 染色体異常の原因になるという悪いイメージがついてしまっているので嫌われる傾向にあります。

そこでパラベンに代わる天然由来の成分で防腐剤の役割をしてくれるものを配合している白髪染めが増えているわけですが、 その天然由来の防腐剤の代表的な成分が「フェノキシエタノール」というわけなんです。

パラベンにも「メチルパラベン」「プロピルパラベン」「プチルパラベン」といろいろな種類があるわけですが、いずれのパラベンも刺激になる成分の一つです。 パラペンを利用して、皮膚炎やアレルギー症状を引き起こしてしまうことは可能性としてあります。

それと比べると、フェノキシエタノールは緑茶などの植物等に含まれている天然由来の成分です。 さらに抗菌作用に優れていて、防腐剤として高い効果を発揮してくれます。

そのため最近では、そのフェノキシエタノールのイメージの良さから、メイクアップ用品やスキンケア用品、 石けんやシャンプーにいたるまでさまざまな商品に防腐剤として使用されることが増えています。

特に「自然派」を主張する商品ではその傾向が顕著のように思えます。

しかし、気をつけないといけないのはフェノキシエタノールが自然由来の防腐剤だからといって安心はできないということです。 急性毒性や濃度によるアレルギー発症率でいうとパラベンよりもフェノキシエタノールのほうが上だというデータもあるぐらいなので。

※パラペンは量に比例して皮膚刺激やアレルギー発症率が高くなるが、フェノキシエタノールの場合、量は関係ない。

その毒性についてパラベンとよく比較されるフェノキシエタノールですが、毒性にしろ皮膚への刺激にしろ、パラベンと比較して 優位かといえば全然そんなことはないというのが実情のようです。

そのためパラベンフリーを謳う商品であってもフェノキシエタノールが配合されていればどっちもどっちだということです。

ちなみに、フェノキシエタノールはPEという略語で表示されていることもあるので成分表示をみるときは注意するようにしてください。

「パラベンフリー」をうたう商品の場合、だいたいそのほとんどはフェノキシエタノールが防腐剤として使われていると思っていいと思います。 自然由来の成分だから安全・安心ではないってことは肝に銘じておきましょう。

このページの先頭へ