ステアリン酸グリセリル

白髪染めの成分についての紹介です。

白髪染めの配合成分である「ステアリン酸グリセリル」とは?白髪染めにおける役割について解説します。

ステアリン酸グリセリルとは?

ステアリン酸グリセリルとは?

白髪を染めるとをすると髪の毛が傷む、パサつくというイメージを持っている方も多いと思いますが、 最近の白髪染めは傷みやダメージの軽減という点で進歩してきています。

そんな進化した白髪染めに髪へのダメージを軽くするための成分として配合されている<成分の一つが「ステアリン酸グリセリル」です。

ステアリン酸グリセリルの正体ですが、実はこれ、合成界面活性剤です。

合成界面活性剤と聞くと、髪や頭皮に良くないものの典型というイメージを持っている人がほとんどだと思いますがありますが、 ステアリン酸グリセリルは植物油脂に含まれる脂肪酸をエステル化するという方法で、合成して作られた成分です。

いわゆる天然由来の成分ですから石油からつくられる人工の合成界面活性剤とは種類が少し異なりますし、安全性も比較的高いものです。

その証拠に界面活性作用のある天然成分として安心して使用することが出来る利点から食品にも利用されていますから。

さて、このステアリン酸グリセリルですが、肌に潤いを与えたり、柔軟性を与えるという効果を持っています。 この効果は肌だけではなく、髪の毛にも有効に働きます。

ステアリン酸グリセリルが配合されていることで、髪の毛が潤って、指通りもスムースになるという効果が期待できるわけです。 ダメージを与えやすい白髪染めに補修&潤い成分として配合されているのも納得です。

前のページ イソプロパノール  | トップページ |  次のページ セテアリルアルコール

このページの先頭へ