アルギン酸Na

白髪染めの成分についての紹介です。

白髪染めの配合成分である「イソプロパノールとは?」白髪染めにおける役割について解説します。

イソプロパノールとは?

イソプロパノールとは?

イソプロパノールはエタノールと似た成分で、殺菌力が強いため消毒剤・防腐剤として使われていることが多い成分です。 白髪染めにも配合されている場合、白髪染めの成分が劣化しないように防腐剤として利用されているケースがほとんどですね。

このイソプロパノールですが、毒性が強いこともあり、皮膚から吸収されてしまうとマズい成分です。 どれぐらいマズいかというと、労働安全衛生法(有機溶剤中毒予防規則)で規制されているぐらいです。

業務用に大量にイソプロパノールを扱うような場合、その作業者は年に2度健康診断を受ける義務があるというぐらいですから、 危険性は相当なものといっていいんじゃないでしょうか?

もちろん白髪染めに配合されているイソプロパノールは量や濃度ともに危険のないレベルに調整してあると思いますが、 決して安全なものではないですから、極力、皮膚につかないように注意して取り扱う必要があるといえるでしょう。

実際のところ、防腐剤としては、パラベンがアレルギーの危険性があるからと有名になり、敬遠されているので使用されなくなってきていますが、 その代わりとしてこのイソプロパノールが防腐剤として白髪染めや化粧品に使用されることが増えているそうです。

「パラベンフリーだから安心!無添加!」といっている裏で、危険成分として指定を受けているイソプロパノールを防腐剤として利用しているわけですから、 こんなふざけた話はないんですが、これが化粧品業界の現実なんですね。

化粧品や白髪染めに配合されているイソプロパノールはあくまで少量ですから、使ってすぐにその毒性が体に異常をもたらすということないと思います。 しかし、長期的にどうなるかはわかりません。

毒性がある以上はいくら危険のない量や濃度であっても安全とは言い切れませんし、何より長期的なリスクについては不透明です。 使用はなるべく控えたほうがいいですし、使わざるをえないとしても回数を減らすべきでしょう。

「無添加」「パラベンフリー」という白髪染めや化粧品をみかけたときはぜひその商品の成分表示をみるようにしてみてください。 ひょっとするとイソプロパノールが配合されているかもしれませんよ。

前のページ アルギン酸Na  | トップページ |  次のページ ステアリン酸グリセリル

このページの先頭へ