ミリスチルアルコール

白髪染めの成分についての紹介です。

白髪染めの配合成分である「ミリスチルアルコール」とは?白髪染めにおける役割について解説します。

ミリスチルアルコールとは?

ミリスチルアルコールとは?

ミリスチルアルコールと言うのは、天然の植物油から抽出することが出来るエモリエント油で高級な脂肪酸です。 エタノールではないのでアルコールフリー製品にも普通に配合されています。

石けんやヘアケア用品、クリームタイプの商品などに乳化安定助剤やエモリエント剤として配合されているケースが多いですね。

※ ちなみに乳化とは本来は混ざり合わないもの(水と油など)を乳化剤を加えることで、混ざり合って白くなる現象です。

白髪染めにミリスチルアルコールが配合される理由というのは、主に乳化安定剤としての役割を期待されてのこと。 乳化している白髪染めのテクスチャーを安定させることが出来るため使い勝手がよくなります。

それから、毛髪に潤いを与えたり、柔軟性を持たすという働きもあります。

ミリスチルアルコールを配合することで、染料の影響でパサつきがちな髪の毛もしっとりしますし、柔軟性が出るので、 髪の毛のゴワつきも抑えられて、仕上がりの手触りがよくなります。

仕上がりの指通りの良さを期待されることもあり、トリートメントタイプの白髪染めにはよく配合されているのを最近では多く見かけます。

前のページ ベヘニルアルコール  | トップページ | 

このページの先頭へ