白髪染めアレルギーって何?

白髪染めの成分や髪や頭皮に対するダメージについてのQ&Aです。

白髪染めに含まれる『パラフェニレンジアミン』はなぜ体に悪いのか?どんなアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が起こるのか?という疑問に答えます。

白髪染めアレルギーって何?

白髪と言うのは、ある意味自然現象ですから、染めなくてはいけないということはありません。しかし、やはり白髪があると老けてみられてしまうので、白髪染めをしている方も多いでしょう。

白髪染めにはいろんな種類があり、値段も違うものですから、どれを選んでいいのか分からないという方もいると思います。

でも、自分で白髪染めをする場合には、ひとつ気を付けなくてはいけないことがあります。

それは、パラフェニレンジアミンという物質です。

このパラフェニレンジアミンは、市販の白髪染めにはほとんど入っていると言っていいでしょう。

しかし、パラフェニレンジアミンはアレルギー物質ですから、アレルギーを持っている人はもちろん、そうじゃない人も充分注意しなくてはいけません。

パラフェニレンジアミンを使用することによって、アレルギーを発症させてしまうこともあるんです。だから、パラフェニレンジアミンは体に悪いと言わるんですね。

パラフェニレンジアミンに体が反応すると、アナフィラキシーショックというアレルギー反応が発症するかもしれません。 アナフィラキシーショックの症状は人によって違いはあるものの、かゆみが出たり、皮膚がかぶれたりというのが一般的な症状になります。

ただ、アレルギー反応が強かったりすると、喉の痛みが起こったり、ひどい場合には呼吸困難が起こったりします。 こういったことにならないよう、市販の白髪染めを使う場合には、必ずパッチテストを行わなくてはいけません。

でも、一番いいのは、「パラフェニレンジアミンが入っている市販の白髪染めは使わない」ということです。

このページの先頭へ