白髪染めと経皮毒の関係は?

白髪染めの成分や髪や頭皮に対するダメージについてのQ&Aです。

酸化染料(ジアミン)白髪染めは、髪や頭皮に悪いだけでなく、経皮毒?で肝臓なども悪くなるって本当?という疑問に答えます。

白髪染めを続けることで化学成分の毒が体に蓄積される。

ホーユー、シエロ、サロンドプッシュなど数多くのブランドからより使いやすく、染まりがいい白髪染めが発売されるようになってきます。

美容室で染めるよりもお金を節約できることや染めたいと思ったときにいつでも染められるということで自分で市販の白髪染めを使って、白髪染めをしている人も多いと思います。

愛用している市販の白髪染めがあるという人も多いと思いますが、素人にもきれいに染められる白髪染めには、 美容室で染めるよりも強い化学成分が使用されていて、刺激が強いばかりではなく、毒性が強いという特徴があります。

酸化染料(ジアミン)という染め剤で、白髪を染めると刺激が強いため、髪や頭皮にダメージを与えてしまうのは有名ですし、経験済という人も多いと思います。

もちろん、すぐにひどいダメージが与えられるわけではないのですが、白髪染めは繰り返し行うものなので、白髪染めを続けるほど、そのダメージは髪と頭皮に蓄積されてしまいます。

さらに、ジアミンは髪や頭皮にダメージを与えるだけではありません。

皮膚から体内に入って毒性が蓄積していくといわれてる「経皮毒」としての危険性も指摘されているものなんです。

経皮毒については肯定派と否定派がいて、否定派のほうが主流なんですが、化学成分の危険性というのは過小評価してはいけないものなんですね。 なので、経皮毒は怪しいマルチ商法の会社が使いだした言葉だと頭から否定するのではなくて、注意したほうがいいです。

防腐剤がたくさん入ったものを食べている現代人は昔の人に比べて明らかに腐りにくくなったというお医者さんもいるぐらいなので、 身の回りに溢れる化学物質については常にその影響を考えておいたほうがいいってことなんです。

もちろん経口摂取と経皮吸収は勝手が違いますが、皮膚が弱い人だと、かぶれたり湿疹が出たり、赤みなどの症状となって現れるため体に蓄積される前に 使用を止めることができますが、皮膚が強い人はこういった症状が出ることはありません。

そのため、毒が体に溜まるだけ溜まって、ある日突然、アナフィラキシーショック言うアレルギー症状から肝臓障害といった健康を脅かすリスクになってあらわれることがあるんです。

白髪染めメーカーはアレルギーについての注意はしてますが、経皮毒についてはノーコメントなのもちょっと不気味なんですよね。

安くて簡単に白髪を染めることが出来る白髪染めの裏側にはこうした事実があることはぜひ知っておいてほしいと思います。 今は「問題ない」といわれていても10年後、20年後はわからないってことです。

悪い影響はあっても良い影響はないと言い切れるので、化学成分てんこ盛りの白髪染めの使用はできるだけ控えたほうが身のためかな?と思います。

このページの先頭へ