白髪染めで髪や頭皮が傷む理由は?

白髪染めの成分や髪や頭皮に対するダメージについてのQ&Aです。

白髪染めってどうやって髪が染まる仕組みなのか?そしてなぜ髪や地肌が傷むのか?という疑問に答えます。

なぜ、白髪染めで髪や頭皮が傷んでしまうのか?その理由

市販の白髪染めには、1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と2剤 (酸化剤)があります。

1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と2剤 (酸化剤)を、白髪を染める時に混ぜ合わせることで化学変化が起こり、白髪を染めることが出来るんですね。

1剤に含まれるアルカリ剤は、髪の毛のキューティクルを分解して開かせます。

キューティクルと言うのは、髪の毛の内部の水分が蒸発しないように、髪の毛の表面を保護する役割をしています。これが髪の毛をおおっていると、髪の毛に染料が入っていきません。

だから、キューティクルを分解して1回開かせてから、染料を浸透しやすくする必要があるんです。

その1剤に2剤の酸化剤が混ぜ合わさると、酵素が発生します。酵素が髪に浸透すると、染料を落ち着かせて色を定着させる役割をしてくれます。

つまり、アルカリ剤でキューティクルを開き、酸化染料で色を入れ、酸化剤で定着させるのが白髪染めのメカニズムなんです。

でも、これらの薬剤は、とても刺激が強いため、髪や地肌を傷めてしまいます。普通に考えれば分かりますが、 キューティクルを分解したり、色を髪に入れられるのですから、髪や地肌に優しいはずがありません。

また、開いてしまったキューティクルは、元に戻るまでに時間がかかるので、それまでに髪の内部の水分が蒸発してしまいます。 だから、白髪染めを使い続けていると、髪がパサつくようになってしまうんですね。

最近は、薬剤を使った白髪染めではなく、天然由来の色素を使った、髪や頭皮にダメージを与えない白髪染めも発売されています。ですから、ダメージが気になる方は、そういった白髪染めを使うようにするといいですね。

このページの先頭へ