パラペンって体に悪いの?

白髪染めの成分や髪や頭皮に対するダメージについてのQ&Aです。

パラペンフリーの白髪染めがありますが、パラペンという成分は身体に対してどんな悪い影響がありますか?という疑問に答えます。

パラペンって悪者扱いされているけどどんな成分?

市販の白髪染めの成分表示を見てみると、ほとんどの商品に

  • メチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • プチルパラベン

のいずれか、あるいはいずれも含まれていることがあります。

これらの成分は、化粧品などにも含まれていることあり、有名な化学成分ですが総して「パラベン」と呼ばれています。

このパラベンですが、正式名称を「パラオキシ安息香酸エステル」といいます。これは防腐剤の一種で、殺菌防腐剤として白髪染めに配合されているんですね。

パラベンの役割は、白髪染めに配合されている成分が腐らないようにすることです。

腐るといっても食べ物が腐るのとはちょっと意味が違っていて白髪染めに使われるパラベンは、白髪染の成分を安定させるために配合されているんです。

というのも白髪染め(あるいは化粧品)に配合されている成分のなかには、温度などの影響を受けやすく、パラベンで安定させないと変質してしまうものがあるからです。

白髪染めでいうと成分が劣化・変質することは染めの効果が低下してしまうことを指します。それを防ぐためにパラベンは染め剤の効果を持続させるために配合されているということです。

そんなパラベンですが、人によっては刺激になる成分の一つなので皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

アレルギーは、体質はもちろん、体調などで引き起こされることもあるので、今まで問題がなかった人でも突然アレルギーを発症する可能性もあります。

少量のパラベンが体に吸収されても、すぐに体に悪影響を与えることはありません。しかし、それが蓄積していけば、アレルギー体質に変わっていってしまう場合もあるんです。

以上のような理由があることから、「パラベンフリー」と言って、パラベンを含まない商品が安全といわれているんです。敏感肌の方やアレルギー持ちの方は注意したいところです。

このページの先頭へ