HC染料とはどんな染料?

酸化染料以外の染料についての補足です。

HC染料とはどんな染料?ほかの染料との違いは?について解説します。

HC染料について

2001年に化粧品規制緩和があり、新しい染料の配合が可能になりました。

その時、塩基性染料とともに配合が可能になったのがHC染料という染料です。

HC染料は、分子がとても小さいので、無理にキューティクルを開かなくても髪に浸透するという特徴があります。 そのため髪と頭皮にやさしい白髪用ヘアカラートリートメントの染料としてよく配合されています。

基本的にHC染料はキューティクルの隙間にくっついているだけなので、髪を傷めませんし、刺激になったりということはありません。 ただ、染色力はそれほどでもなく、落ちるのが早いので、色持ち的には3週間程度と言われています。

また、地肌につきにくいという特徴もあるので、頭皮へのダメージを軽減することが出来ます。

ほかの染料との違いは、やはりキューティクルを開く必要がないということでしょう。

一般的な染料は、キューティクルを分解して無理に開かせなくては浸透しないため、髪に大きなダメージを与えます。 「赤色〇号」「青色〇号」というような表記になっているタール系色素などはその典型といえます。

※ちなみにタール系色素というのは旧指定成分の1つであり、種類によって毒性の強さは異なりますが、 発がん性物質やアレルギーを引き起こす物質になります。)

こうした染料は、分子が大きいため、キューティクルを開かないと髪に浸透していきません。

そのため、白髪染めなどで使われる場合、キューティクルをゆるめるアルカリ剤と混合しないといけないんですね。 こういった染料は、髪の内部に色を入れるので染まりはいいものの、髪を傷めてしまうというデメリットがあります。

しかし、HC染料の場合、キューティクルの隙間にくっついて色を付けられるため、髪へのダメージを抑えることが出来ます。 この点が他の染料との大きな違いと言えるでしょう。

髪や頭皮を傷めたくない!という人はHC染料を使った白髪染めを選んだほうがいいでしょうね。

 | トップページ |  次のページ 塩基性染料

このページの先頭へ