塩基性染料とはどんな染料?

酸化染料以外の染料についての補足です。

塩基性染料とはどんな染料?ほかの染料との違いは?について解説します。

塩基性染料について

塩基性染料は、もともとは白髪染めなどヘアカラーには使うことが出来なかった染料ですが、 2001年の化粧品規制緩和によって、白髪染めにも配合することが可能になった染料です。

染料には水や油に溶けて、その溶液によって染める働きがありますが、大きく分けると合成染料と天然染料の2種類があります。

天然染料と言うのは、色落ちがしやすいというデメリットがあるものの、髪の毛には優しいというメリットがあります。ヘナやクチナシなどが天然染料の代表選手です。

最近は天然染料を使用した白髪染めが人気になっていますが、色落ちが早いのでかなり頻繁に染めなおす必要があります。

合成染料は、色落ちしにくく、さらに色の種類も多いので、より自然な色合いに染められるというメリットがあります。 合成染料にはいろんな種類があり、水溶性染料、油溶性染料、酸化染料などがあります。

随分と前置きが長くなりましたが、「塩基性染料」は、この水溶性染料の一つです。

塩基性染料はプラスの電荷を持っているという特徴があり、髪の毛の表面にあるケラチンタンパク質のマイナス部分とイオン結合します。

結合することで染料が付着し色が付くのですが、分子サイズが大きいため、髪には浸透しません。 ですから、ほかの染料と違って、髪の毛の表面に付着するダメージの少ない染料となります。

そのため、トリートメントタイプの白髪染めの染料としてはHC染料と一緒に塩基性染料が使われるケースも多いです。 (植物性の染料だけではさすがに染まらないのでこうした合成染料も使われているのが普通です。)

トリートメントタイプの白髪染めの商品紹介ページなどをみると、イオン結合で髪を染毛するなんていうまるですごい技術が搭載されているような解説があるんですが、 なんてことはない、塩基性染料が染料として使われているだけの話です。

前のページ HC染料  | トップページ |  次のページ 植物染料

このページの先頭へ