白髪染めに使われている成分を徹底解説!

白髪染めに使われている成分を徹底解説!について

最近は、無添加や天然成分、植物染料100%など、安全性が高いことを全面に打ち出している白髪染めが増えています。と言うのも、市販されている白髪染めには、化学成分や添加物を始めとして、刺激の強い成分が配合されているので、髪へのダメージや頭皮トラブルが後を絶たないからです。

自然派志向、オーガニック志向の方が増えているということもあって、出来るだけ人体に影響を与えないように、無添加にしたり、天然成分を使用している白髪染めが増えているんですね。

ここ2,3年ほど発売以来大ヒットを飛ばしている利尻ヘアカラートリートメントに代表される白髪染めトリートメント はその典型といえます。消費者側からしても、無添加や天然成分と表示されていれば、安心して使えるというイメージがあると思います。

しかし、無添加や天然成分、植物染料100%という白髪染めでも、かぶれや湿疹などのアレルギー症状が出てくる方がいるようです。どうして、悪いものが入っていないのに、アレルギーの症状が出てしまうのか。

それは、無添加という表記にからくりがあること、そして「天然成分=安全」ということではないからです。

例えば無添加という表記については2001年まで厚生労働省に指定されていた、人体に害のあるアレルギーを起こす可能性のある、102種類の物質を添加していないということなんです。

つまり、無添加と言っても、表示指定成分以外の保存料や防腐剤など昔の表示指定成分が使われていないだけで、合成化学物質が使われていることがあるんです。そのため、無添加とうたっている白髪染めでも、かぶれることがあるんですね。

ですから、安全性の高い白髪染めを選ぶ時は、無添加ということより、どんな成分が入っているのかをチェックすることが大事なんです。今は、全成分表示が義務づけられていますから、商品にどんな成分が入っているからわかります。

ほとんどの人にとってはその成分がどんなものかわからないと思います。だからこのサイトを作り、自分で安全な成分を使っている白髪染めを選べるように手助けしたと思ったらからです。

是非、当サイトを参考に

■ 安全な成分とそうでない成分にはどんなものがあるのか?
■ なぜ、白髪染めは使い続けると髪や頭皮がボロボロになるか?

といった髪と頭皮の健康に必要な知識を身に着けてくださいね。

白髪染めとパッチテストについて

白髪染めを使う前には、必ずパッチテストというものを行わなくてはいけません。

パッチテストと言うのは、染め剤を塗って長時間放置したとき、どんな反応が出るかを確かめるテストのことでパッチテストを行うことによって、アレルギー症状などが出ないかをチェックすることが出来ます。

パッチテスト自体は少量の染め剤を肌に塗って放置するだけなので、簡単です。

このテストは、アレルギーを持っている人はもちろんですが、アレルギーではないという人も必ずやっておかなくてはいけません。それも毎回です。以前、この商品を使ったときに問題なかったからと2回目以降はパッチてストをやらない人が多いんですが、それはダメです。

パッチテストは毎回、白髪を染めるときには必ず行ってください。

その手順ですが、まずは白髪染めの1剤と2剤を少量ずつ取って混ぜ合わせます。綿棒を使うとやりやすいでしょう。薬剤を調合したら、手首の内側などに染め剤を塗ります。大体500円玉ぐらいの大きさになるように伸ばし、そのまま自然に乾燥させてください。

普通なら30分程度で乾きますが、それでも乾かない場合には塗りすぎなので、少し薬剤を拭き取りましょう。乾燥したら、取り扱い説明書に記載されている規定時間まで放置します。

規定時間は各メーカーによって若干違いますが、ほとんどは48時間となっているので、約2日はその部分を洗ったり濡らしたりしないで放置してください。その間にかゆみや赤み、痛みなどが出たらすぐに洗い流して、白髪染めの使用はやめましょう。

問題がなければ、今回はその白髪染めを使っても大丈夫ということになります。

白髪染めに使われている成分を徹底解説!カテゴリー